読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ぐうたらぐーったらしながら、食べて飲んで旅してます

【読書】 職業としての小説家 村上春樹

小説家になろう。

と思っているわけではない。

 

ただ、村上春樹の書いたこの本を読んでみよう。

と思っただけなのである。

 

 

村上春樹は好きだが、最近、あの回りくどく、

何度も何度も繰り返し、という表現が鼻につき。

めんどくさいな~と思いつつも最後まで読み。

最終的には、あーやっぱり面白い。と思うのである。

 

 

何だかんだありつつ、結局、ずっとファンなわけだ。

 

 

この本は、小説ではなく、小説家になるためには、

何が必要であるかについて村上春樹の思うことが書いてある。

 

しかし、彼は裏切らない。

やはり、鼻についたり、回りくどく何度も繰り返したりする。

 

でも、そこかしこに様々なジャンルの偉人の言葉をちりばめ。

そして、何となく納得させ、また、やはりだからこそ

私たちは村上春樹が好きなんだ。と実感させるのだ。

 

ううぅむ。

 

この本を読み終わって、久しぶりに「パン屋再襲撃」が読みたくなり。

福岡旅行へ共に飛び立ったのである。

 

※福岡旅行は食い倒れでしたが4泊5日にもかかわらず、

食べてないものがたくさんあります。

これはきっと、また行けってことでしょう。

 

 

職業としての小説家 (Switch library)

職業としての小説家 (Switch library)