読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ぐうたらぐーったらしながら、食べて飲んで旅してます

コーヒーは深煎りに限る の 思い込み

コーヒーは好きではなかった。

紅茶が好きだった。

しかし、カフェオレやカフェラテというものを飲んだ時から、

コーヒーの類が好きになってきた。

 

それでも、コーヒーのブラックはさほど好きではない。

よっぽど好きな味ではないとブラックでは飲めない。

 

カフェオレやカフェラテで飲むならば、

コロンビアが最適である。と思っている。

まぁ、これは好みの話だが。

そして、深煎りがいい。

 

ずっとそう思っていたし、何より深煎り信者の豆屋から

コーヒー豆を購入していたからそうなるのである。

 

しかし、浅煎り派も結構いるということに気が付いたのである。

知り合いのオーガニックワインと野菜料理を出すお店は浅煎り派

コーヒー好きの友人も浅煎り派

よく行く革と銀細工のお店を営む夫婦も浅煎り派

両親と姉も

 

そして、那須にあるカフェにお邪魔した際に、

オーナーに浅煎りコーヒーについて話をきき。

 

なるほど、思うこともあり、さっそく

浅煎りのスペシャルティーコーヒーなるものをいただいた。

これが美味しいのである。

 

ガツンとくるコクや苦みが好きなのだが、

あっさりとしかし深い香りが漂うスペシャルティーコーヒー。

 

浅煎り=酸味が強く感じるのでは?という警戒をしすぎていたようだ。

豆の種類や入れ方にもあるので、関係がない。という結論に至った。

 

それからというもの、色々な喫茶店に行ってはブレンドコーヒーを飲んでいる。

これが意外と、程よいコク、少々の酸味、後はあっさり。というものが多い。

しかも、浅煎りの豆の販売をしている。

 

思い込みとは恐ろしいものだ。

 

 

ということで、わたしのコーヒーの旅は、この先、なかなか楽しそうである。