読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ぐうたらぐーったらしながら、食べて飲んで旅してます

ウイルス性の胃腸炎

先日、仕事中に突然貧血があり、腹部が痛くなった。

 

気分が悪く、吐き気もある。

 

急に打ち合わせが入り、自席に戻る際にほっとレモンの冷たいものを飲んだ。それが発端?だろうか。

定時は過ぎて、もう少しやろうと、ほっとレモンの温かいものを用意し、席に戻ったが、急激に体調が悪くなり、飲み物を飲んでも悪化する一方。

後は明日にしよう。と、帰る用意をし、ファックスのトラブル対処をしてくれていた別部署の方に、先に帰ることを連絡へいったら、なんだか話が長くなり、さらに気持ち悪さと貧血で、取り敢えずお手洗いへ。

今の会社は、横になれるところがない。体調が悪ければ、会社には行かない方が良いのだ。

 

やっとの事で自席に戻ったら上司が話しかけてきた。焦る。しかし、少し話をして、終わることができた。

辛かったら駅の救護室で休ませてもらおう。と思い、乗り換える駅までは頑張れるかも。と、乗ったはいいが、貧血で立っていられずしゃがみこんだ。

ようやく乗り換え駅に着き、駅員さんに事情を話すと、少し歩きますと、救護室を教えていただいた。

 

救護室、ではなく、ソファーだったが、衝立をしてくれ、どうにか横になれた。

およそ一時間、腹痛の波に耐える。

少し良くなったかも。と思い、救護室を後にしたが、冷や汗のようなものが出れずにざわざわする感じを抱え、タクシーを探して乗り込んだ。地下鉄は無理だとの判断。乗ったとしても、満員電車で、途中で体調が悪くなりその都度、救護室へお世話になったらば、何時に家につけるかわからない。

 

タクシーで40分くらいだろうが、波が来て、辛かったが、座っていられたので、どうにか持ちこたえられた。

 

家に無事に着き、ばたっと倒れた。まどろみながら、腹痛と体の節々の痛みとざわざわとする感覚に起こされ眠れない。熱は微熱。吐けもしない。

起き上がるとクラクラする。

飲み物を飲むと、気分が悪くなるので、少し口を湿らす程度。

 

これは、お腹にくるインフルの軽いやつだろうか?

 

と、真夜中に吐き、そこから少し落ち着きはしたが、まだ色々な痛みが襲ってくる。よく眠れぬうちに朝を迎えた。

 

出社してはまずい病気だと困るので、病院へ。インフルでも、ノロでもない。ウイルス性の胃腸炎であった。

 

※お昼に食べた中華屋のお弁当ではなかったので、安心しました。おかゆばかり食べてます。