読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ぐうたらぐーったらしながら、食べて飲んで旅してます

【新潟】 とんかつ太郎 分店 かつ丼

新潟たれかつ丼、なんて言われ、最近では都内でも食べれるところがあるが、新潟っ子は、これがかつ丼だ。

玉子でとじてあるかつ丼は、家のご飯だと思っていた。

 

東京で初めてかつ丼を食べに出掛けたときは驚いた。

そして、とてもがっかりしたのを覚えている。

 

さて、とんかつ太郎は、本店が古町にあり、分店が文京町にある。

自分は小さい頃、文京町のとんかつ太郎分店のかつ丼やオムライスを食べて育った。

親父さんは強面だが、とても優しい。

 

あまいが、くどすぎず、タレに浸かりすぎず。

薄く、でも薄すぎず、タレが絶妙なあんばいで、ご飯にも染みて、なんとも旨い。

漬け物をボリボリ、間にはさみ、ただ、かつとご飯を食べる。

 

たまに食べたくなる。懐かしの味。

 

本店、分店、どちらがいい。と言うことではないが、たれ、かつ、どちらの感じも少し違う。まぁ、これは好みだ。

分店は現在は息子さんが継いでいるが、味は変わらず、なんとも旨い。

 

※むかし、分店のはす向かいあたりに、ラインと言うソーセージ屋がありましたが、今もあるのでしょうか。懐かしの味、と言うのは誰しも持っているものですよね。

かつ丼、ラーメン、アイスに大判焼き。