読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ぐうたらぐーったらしながら、食べて飲んで旅してます

ピロリ撃退

先日、ピロリが死んだのか、呼気検査をしに病院へ行ってきた。

飲みに行く先々でピロリの話をしたら、けっこうな確率でピロリを除菌した方に出会った。
みなさん、わたしより年配だが、そういう年齢。と言うことなのだろう。

さて、検査はどんなものだったのかレポートを。

まず、予約の時間は朝の9時。
前日の23時以降は、絶食。
水ものめず、うがいの時もなるべく飲まないように、と言う注意事項を確認。

23時前ならば、早めの夕食、お酒は飲んで良い。
迷うことなく、飲みに行き、最後に飲んだレモンサワーを飲み干した時には既に23時を回っていた。

しかし、ご飯を食べてから4時間ほどで検査ができるときいたので、まぁ、大丈夫だろう。と、いまだにお腹がぐずぐずすることがあるのだが、気にせず飲んで騒いだ。

さて、翌日は朝の9時に病院へ。
すぐに検査室へ行き、検査の説明を受ける。
息を吸って5~10秒息を止める。呼気パックが目一杯膨らむまで息を吐き出す。
白い錠剤を飲む。この時のお水の量が決まっているのだが、お水を飲んでいないので、ごくごく飲める。なんなら、足りない。
飲み終わったら、5分間座って待つ。その後、15分間、左を下にして横になる。
起き上がったら、息を吸って5~10秒息を止める。呼気パックが目一杯膨らむまで息を吐き出す。
おしまい。

その後診察があり、一週間後に検査結果を聞きに行った。

いない。ピロリに勝ったのである。
しかし、先生は言った。
慢性胃炎が良くなってるかは分からないから、毎年胃カメラをやること。

驚愕である。ただ、ピロリが死んだ、それだけなのだ。
胃が荒れているかもしれないのだ。

しばらくは、飲酒を控え、消化のいいものを食べよう。と思った。

※摂生しようなんて思ったのは、数時間で、ピロリが死んだお祝いに、その日も飲みにいってしまったのでした。