読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ぐうたらぐーったらしながら、食べて飲んで旅してます

閉店に思いを馳せる

7年通った店が閉店した。

 

ビルの取り壊しのためなので、仕方なくといったところ。

移転先が見つからず、そんなときに知人から声がかかる。

と言う事で、店主は雇われシェフになるそうだ。

 

店は10年目、目前。

途中で店のメニューから内装から変わっていき、

最初からきている常連はどんどんと変わっていった。

 

それでも、店の営業最終日であり、イベントの日の

一週間前からは、懐かしい顔に会い、語り合った。

営業最終日は盛大なパーティーとなり、一部は朝7時まで飲んだらしい。

 

とても寂しいのだが、店主が一番さみしいであろう。

 

店主は色々迷いつつ悩みつつおよそ10年お店をやって来た。

すごくいいチャンスなのではないだろうか。

 

お店を経営していたら、そうそう簡単にリセットしてやり直すことはできない。

コンセプトやメニューの変更、それに伴う改装。

店主はこれを機に、別のお店で少し働くし、なんなら、大家から、ビルを出るための支度金的なものをもらうらしい。

 

これはチャンスに違いない。

新しい店には、新しい客が来る。

新しい人脈ができる。

以前の客も来る。

人の輪がつながる。

 

そう考えれば、わるくない。と思える。

だから自分は楽しみなのだ。店主のこれからが。

 

そして自分は、行く場が減ってしまい。

ロスなのである。

どこか、気楽に入れて、さっと帰れたり、心地よく長居できる店はないだろうか。

また、開拓する日がはじまる。

 

常連たちは、今日も夜の街をさまよっていることだろう。

 

※開拓をするのは、エネルギーが必要で、最近は家にこもることが多いです。寒いですしね。