読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ぐうたらぐーったらしながら、食べて飲んで旅してます

残念事件

残念だったことは、なるべく書かない。

 と決めていたのだが、やはり、書きたい。

 書きたいのである。

 

なので、書く。

 

先日、気になっていた喫茶店に入った。

 

あまり自分の好みではないが、何事も、経験、勉強。

薄暗い店内、ダークなフローリング、アンティークの時計。

あっさりとしながらも、そこここに主張がある。

小さくかかるジャズ。

わるくない。

 

チーズケーキとコロンビアを頼んだ。

 

と、おじさん二人が来店。

店内を大きい声でべたぼめ。

気を良くした店主がしゃべるしゃべる。

店主を持ち上げる持ち上げる。

店主が持ち上がる持ち上がる。

 

不気味なほどに。

 

店の雰囲気はぶちこわし。

 

○○とずっと共に成長してきました。ドヤァ。って。。。

店は30年くらいで、○○はおよそ60年前に建造されているけど?

なんて思ってしまい。。さっそく帰りたくてウズウズ。

 

店主の自慢話が続き。おじさんが持ち上げる。

 

尋常じゃない甘さのケーキをコーヒーで流し込み。

さっさと退散。

 

支払いが終わったところで、

ことん。と。これ、サービス(ドヤァ)

ショットに入ったジュース?を出され、驚愕。

 

いま、コーヒーとチーズケーキ食べた。無理。

なに?一気のみしろって?立ったまま?やれって?

そんで、ありがとうございますって言ってもらいたいのか?

拷問だよそれは。

 

と、もう始めっから全開でいやな気分になったので、

こころは完全に閉じている。

 

丁重にお断りすると、あまりそういうことはないのか。

店主はオレ飲むからじゃぁ的なことを心外って感じで

おっしゃったことにまた驚き。店を後にした。

 

あ=久しぶりに失敗だよ。

疲れた。

本当に疲れた。

 

残念である。

本当に、残念である。