読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ぐうたらぐーったらしながら、食べて飲んで旅してます

【読書】 びんぼう自慢 古今亭志ん生 

読書は自分用のメモ

 

また読みたいけどタイトルなんだっけ?

ってことがよくあるため。メモメモ。

 

びんぼう自慢 古今亭志ん生 立風書房

 

志ん生師匠の話し言葉で、産まれてから、高座にあがらず

お家で過ごすようになった時まで。をつづったもの。

 

やぁほんと貧乏。

でも、好きなことを続けて、楽しくたくましく生きる様が、

江戸の風景が、目に見えるような語りで、本当におもしろい。

今の時代ではできない、自由さ、奔放さ。

そして、壮絶さも感じることができる。

りん夫人の内助の功あっての志ん生師匠。

夫婦も家族もいいもんだ。

 

これを読んでると、志ん生師匠の落語がききたくなる

 

亡き祖母、曾祖母の江戸弁。懐かしく。

落語好きにはたまらない一冊。

 

 

※本は図書館で借りることにしているが、これは手元に置きたい一冊かも知れない。

 ちょっとさがしてみるつもりです。