ぐうたらぐーったらしながら、食べて飲んで旅してます

【読書】蜜蜂と遠雷 恩田陸

直木賞本屋大賞のダブル受賞作品。

会社の方が貸してくれて、文庫まで待たずに済んだのだが、本が重いから、結局、通勤では持ち歩けず、読了に時間がかかった。

 

ピアノのコンテストのお話。
審査員、コンテスタント、コンサートマスター、調律師、様々な立場の登場人物がひとつのコンテストを順に語っていく。

 

コンテストの最中に成長、進化して行くコンテスタントたち、それを見守る審査員、コンサートマスター。そして、読み手であるこちら。

 

まいどのことながら、恩田陸の描く登場人物はやな奴がいない。愛である。

 

音楽の細かな知識が無くても、分かるように描写してくれている。車にたとえている所があるのだが、音楽も車も興味がない人にとっては、もしかしたらチンプンカンプンかもしれない。

 

クラシックは、消えてなくならず、聴くたびに新たな発見や喜びがある。何世紀も前に書かれた音楽が、未だに演奏され続けているのだから、感慨深いものがある。

 

これを読むと、聴きたくなってくるし、ピアノや楽器をできる人は弾きたくなってくると思う。

自分は、YouTubeでクラシックを聴きながら読んでいた。

 

風間塵、栄伝亜夜、聴いてみたいなぁ。と、物語の中の人物なのに、存在しているような気がしてきて、いま、どうしてるかなぁ、などと想いを馳せる。

 

これは、映画化されるだろうか。アテレコのピアニストが見つからないとできないだろうか。

 

音楽好きにはたまらない物語だ。

 

サン=サーンスバルトークが好きなので、読み終わってもずっと聴いてしまうし、コンサートに行きたくなるし、ずっとやっていない楽器をまた弾きたいなんて衝動に‥感化されやすいたち、ということもありますが、おすすめです。でも、また、のろのろ、とか、表現については色々気になっている部分はあります。

【読書】日の名残り カズオ・イシグロ

ノーベル賞授賞作品。と言うだけある。と言うと、なんだか偉そうだが、本作品は好みだった。


第二次世界大戦前から、イギリスの名家で執事を務める、ミスター・スティーブンス。


使える主人が変わり、旅に出ることを勧められ。その旅行記で現在、過去、大過去と行ったり来たりしながら、戦前から戦後の歴史、彼の仕事での悲劇、私的な悲劇が語られる。

 

イギリス名家の執事であり、その品格を備えていると自負しながらも、日々、悩み、葛藤し、私的な要素を排除しつつ職務にあたる。生真面目で、頑固で融通がきかなくて鈍感で、ちょっとした皮肉、軽口は叩けても、ジョークに対応できない。そんなスティーブンスが、滑稽でありながら、愛しい存在でもある。

 

執事の仕事、歴史、と言う組み合わせ、イギリスの風景が見えるような描写、時に匂いさえ感じる。戻らない過去に涙しながらも、前向きに終わる。

 

いい物語だった。おすすめ。

 

※私の父には意味不明だったらしく、好きではなかったそうですが、母は絶賛していました。ま、読む人の好みですよね。

【神保町】DIXANS

神保町からでも、水道橋からも近い。

 

都会的なカフェ。

 

入ってすぐは、窓や壁側はカウンターになっている。2人がけのテーブルもある。

 

照明は暗めで、落ち着く。

 

注文するカウンターの横にケーキのショーケースがあり、思わず見入ってしまう。その反対側の壁際に、カウンター席がある。

 

奥の窓側もカウンター席。あとは、大テーブル。

 

奥の席は比較的、がやがやとして、席も近い。対して注文カウンターから手前は、広くとってあり、ゆったりしている感じで、自分にとっては心地よかった。 

 

都会的なのに、ラテアートは、ほのぼの系という、不思議。

 

※トーストのセットにしたが、やっぱりケーキも食べたかった。と言う、心残りが‥次回は、ケーキとラテにしようと決めています。

【読書】遠い山なみの光 カズオ・イシグロ

第三者として、物語を見ていく、そんな感じを受けた。時代が変わる時、人の思想はそんな簡単に変化できない。柔軟な思考を持たない人、すぐに変われる人、変わったように見せかけているだけの人。

 

この手の話はあまり好きではないので、半ば嫌々読了した。主に、主人公の悦子の事が苦手である。そして、長崎時代の近所に住む佐知子との噛み合わない会話。義父の緒方、夫の二郎との関係。イギリス時代の娘の景子の話、娘のニキとの関係。

 

じっとりと、ねっとりとした会話。薄暗くて光のない雰囲気。閉塞感。

 

もやもやとした感じだけが残ってしまった。

 

たぶん、自分とニキを重ねてしまっているのだろう。

 

 

昭和の映画を見ているようだった。好きな方もいると思う。

 

※次は、日の名残りを読んでみます。

こいつ、やだなぁ。と思わせられる。ということは、人物がきちんと練られていて、描写が上手いと言うことなんでしょうね。

 

恋雨

漫画、恋は雨上がりのようにのアニメがアマゾンプライムにあった。

 

恋雨は、いつだったか、ちらっと読んだのだが、おじさんに恋をする女子高生のお話で、本人はそんな気は無いが、相手に睨んでると思わせたりしてしまう、クールな女の子が、冴えない中年に恋する様子が可愛いのだ。

 

声も、違和感なく。

 

しかし、4話までしかなくて。いまはまだ4話なのか?次はあるのか。いつか見られるのか。。。映画もあるとか無いとか。

 

情報が、ない。

 

科捜研の女が。またやっているとか。やっぱり、テレビを買おうかどうか、悩んでしまっています。

【映画メモ】2018

WOOD JOB 神去なあなあ日常 ⭐️⭐️⭐️⭐️
三浦しをんの小説の映画化。まだ、小説は読んでいない。大学受験に失敗し、彼女にもふられた、ふにゃふにゃした、軽い若者が、三重県の山で林業を学び、山に魅せられて行く。出演者、みんな好き。青春ですね。三重弁、下手な人もいるのだが、所々本当に上手すぎて笑ってしまったり。

 

白雪姫と鏡の女王⭐️⭐️⭐️
強い白雪姫が、鏡の女王によって荒廃してしまった王国を取り戻すお話。サイコでクレイジーな女王、ちょっとマヌケな王子。童話とは違った設定が面白く、景色が綺麗。でも、やはり、童話。

 

ビリギャル⭐️⭐️⭐️⭐️
ああちゃんみたいなお母さんだったら、子供って、頑張れると思う。それでも、諦めずに頑張った本人の努力と、支えてくれる仲間や坪田先生。最近、涙腺弱いせいか、ボロ泣きだった。

STAR WARS 最後のジェダイ⭐️⭐️⭐️
一回見ただけどはなんとも。前評判の割には面白かった。ツッコミどころはたくさんあるが、まぁ、まぁ。。前作が、シリーズの久しぶりと言う事もあり興奮し過ぎた面もあるのか、面白かったので、比較してしまうとイマイチな感じだ。もう一度見ないといけない。

SING⭐️⭐️⭐️⭐️
アニメ。廃業寸前?劇場のオーナーである、バスター・ムーンが再建のために奮闘する。テンポよく進み、ダレることなく最後まで一気に駆け抜ける。見終わると爽快。

【大阪】星霜珈琲店

天満橋付近をぶーらぶらと歩いて行って来た。

 

人数が多いと、入店できない。

店主1人でやってるので、コーヒーの抽出時は電話に出られない。

禁煙、書類仕事、ゲームご遠慮ください。と言う自家焙煎、ネルドリップの珈琲店。

 

行ってみたら、静かで、店内が暗めで、落ち着く、なんとも素敵な空間。


ぼーっと、ただぼーっとして、珈琲とケーキを堪能する。

 

深煎りがお好きな方。おすすめ。

 

※店主の人柄、最高です。ぼーっとするのに、本当に最適です。深煎りが苦手な方は、行かない方が良いかも知れません。