ぐうたらぐーったらしながら、食べて飲んで旅してます

人づきあいの常識を斬る

極論?そうかもしれない。

でも、本質を突いている。

 

最近、iPhoneを落とし、アドレス帳をまた1から登録しなくてはならなくなったのだが、本当に重要な登録先はあまり無いことに気がつく。

 

snsが発達したおかげで、LINE、FacebookInstagram何かしらで繋がっているので、電話帳に登録しなければならない。という必要性がないのである。

 

家族、親戚、snsをやっていない友人。会社。良く予約するお店、整体など。

登録はしたが、お気に入りに入っているのは7件で、そのうちsnsでやり取りできないのは1件である。

 

最近、ベストセラー本にも手を出し始め、さらに、自己啓発的な本も読んだりしている。

 

小玉歩の3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由。という本を読み、今の人付き合いの常識を斬る考えを伝授してくれているのだが、本当に納得なのである。

 

ご飯会と称して美味しい物好きが集まる色々な会に参加はしているが、やー。本当に疲れるのである。楽しい、美味しいはあれど、やはり、知人ではなく、本当の友人や家族、大切な人と楽しく美味しい時間を過ごしたいものである。

 

※パラパラっとすぐ読めるので、借りずに図書館などで見るのに適しているかんじです。小玉さん。ちょっと興味あるな。と思い、クビでも年収1億円も読んでみようと思います。

WiFi増強説

以前、最近なぜかWiFiが繋がりにくくなった。と書いたのだが、ふと、思い出したことを試した。

 

料理用の金属のボールの中にルーターを入れ、斜めにして窓に向けて置く。

 

今日だけかもしれないが、格段によい。

最近、バリゼロだったのだが、2つくらい棒がついた。

 

明日もやってみよう。

 

※映画の続きを見ようと思っていたのですが、ラジオクラウドの溜まってしまった分を聴いてました。

麦茶ラテは流行らないのか?

ほうじ茶ラテは、結構前からあるが、最近かなり流行っているような感じを受ける。

 

麦茶ラテも香ばしくってかなり美味しいのだが、あまり話題になっていない気がする。

 

麦茶パックを大袋で買ったが、夏が終わりそうなのにまだ使い切っていないなら、ちょっと濃く煮出して牛乳で割ると美味しい。

貧血でカフェオレやカフェラテを飲めない時期に、最適である。

 

※カフェや喫茶店で緑茶が飲みたい時がありますが、あまりないのが悲しいです。緑茶も流行ってほしいです。

【神保町】日ノモト ビアパーラー

仕事帰りにふらっと寄った。

 

お店はこじんまりとしている。カウンターとテーブル席があり、自分はテーブル席に座った。

食事は、一人で行くよりも、数人で行ったほうが色々食べられて良いかもしれない。

一人の場合は、メニューによってはハーフもあるので、そこは一人好きとしてはありがたい。

和な食事と日本のクラフトビール

 

ビールはあまり飲めないが、種類をたくさん飲んでみたいことから、1/2パイント。しかし、3杯しか飲めなかった。。。

 

飲んだ種類はこちら。

 

1.いっとまがゴールデンエール/青森
2.ビッグヘッドIPA/新潟
3.山椒エール/岩手

 

あと、2種類飲みたかったのだが、ポテトサラダの後に、ポテトフライを頼んだのが敗因だ。

 

山椒エール、かなり美味。オススメ。

 

※山椒エールは瓶ビールもあるそうですが、樽のビールが断然美味しいらしいです。また飲みたい。

 

 

自分は探せない?!

自分探しと言う言葉はよく聞く。

 

自分のことがよく分からなくなっていて、一体何が自分で、自分らしいと言うことは何なのか分からない。まさに、巨大迷路にはまり込んでいる状態だ。本当の自分が何なのか。わたしって何?という。わたしがいるから思うのか、思う私がいるのか。と、自分を探すために、本当の自分を手に入れるために、旅に出たりするのだ。

 

二年くらい前から少しずつではあるが、宗教ってつまるところ何だ?なんで戦争になるのだ?から始まり、宗教について時間をかけてホリホリしている。

 

最近読んだみうらじゅんのマイ仏教で、「自分なくし」と言う言葉に出会った。

 

新しい。

 

気になった方には、ぜひ読んでいただきたい。

 

※開眼。と言う感じでした。マイ仏教は図書館で借りて読んだのですが、リピートしたくなる一冊です。わたくし、この本は買った方がいいのかも…。

 

iPhoneを落とす

バックアップを取っていないiPhoneを落とし、画面が見えないほどにヒビが入った。

仕方なしに正規修理センターへ駆け込むも、修理受付時間外のため修理の受付はしてもらえず。

5Sを使用しており、店舗では在庫がく、Applecareに入っていたおかげで交換エクスプレスなるものを使用でき、新しい物とその場で引き換えできると教えていただいた。

 

しかし、画面ひび割れだけだったため、当日、iPhoneを持っていかれただけで、新しいものはもらえず…。後日、修理されて、画面だけ新品(初期化されているので後で設定が必要)のiPhoneが届いた。

 

iPhoneのない2日半。無くっても旧アンドロイドやPCとWiFiあれば大概大丈夫だったし見なくても平気だという事に気がついた。でも、電話でしか予約できないお店もあって、近所のお店に歩いて行って、顔見て予約するってのも楽しかったが、やはり電話はまだ無いとダメなものなのだと思った。

そのうち、電話が無くなるときが来るだろうか?

 

※修理で戻って来ると、今まで見なくても大丈夫だったのに、snsをまた見るようになり、前と同じ生活になっています。まぁ、そうゆうものですよね。

【映画メモ】2017

新しい靴を買わなくちゃ⭐︎⭐︎

自由奔放な妹とパリ観光に来た青年と、パリに住む女性の恋愛物語。兄の恋愛と、妹の恋愛の対比や、ハッピーエンドではないけど、ふっとあったかくなる感じが魅力だろうか?パリの景色が美しくて、見た甲斐はあった。

 

の・ようなもの⭐︎⭐︎

落語家、二ツ目の志ん魚(シントト)の日常を切り取ったもの。懐かしい浅草の風景だったり、懐かしい演者や落語家。シントトが、わたしにはしっくり来なかったのだが、秋吉久美子は、やっぱり好きだ。

 

パタリロ!スターダスト計画⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

幼少時代に漫画やアニメを楽しんだ記憶はあるが、ハチャメチャな感じが好きだっただけだったのだろう。設定も覚えてなかった。これ、今の時代ならテレビ放送は無理なのではないか。コンパクトにまとめた48分の映画に仕上がっていて、楽しめた。華が舞うのがやはりいいな。漫画を読みたくなった。

 

DENKI GROOVE THE MOVIE?⭐︎⭐︎⭐︎

電気グルーヴドキュメンタリー映画。真面目に、歴史見れて、関係する方のインタビューあり。映画あるなんて知らなくて、見てよかった。

 

映画 立川談志⭐︎⭐︎⭐︎

立川談志は、あんまり好きな方ではない。でも、やっぱり、凄いんだなと。ドキュメンタリーだから、余計に、真っ正面から見れた気がした。芝浜は、ちょっと演技やり過ぎにも思えたりして、臭いなぁと思いつつ、泣いちゃう。

 

テルマエロマエII⭐︎⭐︎⭐︎

笑えるやつ。と思って視聴。テルマエロマエも面白かったが、IIもなかなか。阿部寛の演技も、ちょこちょこ入る小ネタも、相変わらず面白いのだが、ストーリー上仕方ないとはいえ、コロッセオの場面が辛かった。なので⭐︎は三つ。

 

海街diary⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

三姉妹の父親が亡くなり、腹違いの妹と暮らし始め、本当の家族になって行くお話。三姉妹も腹違いの妹も、各々複雑な思いを抱えて、でも、お互いを思いあい、絆が深まって行く。人生って辛い。ぶつかり合ったり、支えあったり。姉妹。家族。ご近所のふれあいって、本当に色々あるけど、いいなって。思わせてくれる優しく日々を綴った映画。

出演者が、みんな好きで、鎌倉が舞台で、見てよかった。小説も読んでみようと思う。

 

パコの魔法の絵本⭐︎⭐︎⭐︎

世界観やストーリーは好き。最初の加瀬亮阿部サダヲの話の部分がイマイチ入り込めない。そして、先の展開が読めてしまう所もある。でも、まぁ。まぁ。うん。よい。見ても良いが、見た方がいいわけではないかも。

 

もらとりあむタマ子⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

ニートのタマ子は大学を出て就職せず、家事は親に任せて、家でダラダラして過ごしている。イライラしたり、親に反抗的な態度をとる。思春期的なやりとり。そういうのが嫌いな人は見ない方がいい。人は同じ速度で成長なんてしない。べき、ねばならぬ、とか、正論は要らない。タマ子のタイミングで生きていく。あ、これ、自分だ。と思う人もいると思う。ゆっくりとでも確実に変わっていくタマ子が愛おしい。

 

変態仮面⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

漫画の映画化。漫画は読んだことがない。疲れずにとにかく笑えそうなもの、と思って視聴したが、これは、ぴったりであり、超ド級の変態なヒーローの話であった。佐藤二郎の変な役がいつも同じ演技のような気もするが、まぁ、それは気にしない。性趣向は個人差があれど、変態すぎで笑える。変態を通り越し、下着ドロボーで犯罪者ではあるが、ヒーローなのである。なんだかわからないが、最高!

 

鴨川ホルモー⭐︎⭐︎⭐︎

万城目学の小説の映画。小説は5年前くらいに当時の同僚からオススメされて読み、面白かったのを覚えていたが、あれを実写化って?と、想像がつかないな、と思い視聴。鬼のフォルムは想像とは違ったのだが、まぁまぁ、面白かった。キャストはイメージが異なると感じていたが、濱田岳の高村が思ったより良かったし、栗山千明の凡ちゃんが可愛かった。しかし、小説の方がわたしは好きだな。

 

Cobainモンタージュ・オブ・ヘック⭐︎⭐︎⭐︎

ニルバーナのボーカル&ギターのカートコバーン。亡くなった後、関係のあった人たちのインタビューやコバーンの書いたアート、ノートなどを使って彼を掘り下げるドキュメンタリー映画。一度見れば十分だが、まぁ、とにかく、ニルバーナの音楽はやっぱり好きだな。かっこいい。

 

しあわせのかおり⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

二時間越えの映画はあまり見ないのだが、料理系映画を見たくて視聴。見終わったら中華を食べたくなる。ワンさんのごはんのメニューをメモしたくて二回も見て、また感動して泣いたり。長回しすぎでしょう。と思うところもあるが、長回ししているからこそ、本当にこの町の人たちがどこかで今、生活している気になる。音が素晴らしくて、食べる音、調理する音、食器がぶつかる音。東京タラレバ娘でクズ男を演じた若い田中圭八千草薫のかわいらしさ、藤竜也の真摯な姿、極め付けは、中谷美紀の美しさ。何回でも見たいし、感動所がすでに分かっていても、泣く。好きな映画だった。

 

セトウツミ⭐︎⭐︎⭐︎

漫画の映画。漫画も読んでいるのだが、うまく切り取って映画になっていた。たいして身のある話はないのだが、それこそが大事な、小さな世界が、そこにある。思わず吹き出したり、あるあるとおセンチになったり。男子高生ってこうなんだろうな。と思ったり。見なくてもいいかもしれないが、見ても損はない。

 

俺はまだ本気出してないだけ⭐︎⭐︎⭐︎

漫画?が原作らしいが、知らずに見た。くだらなくて、切なくて、可笑しい。クズな主人公も、その周りの人も、好きだな。あー。わかる。と、同意できたり、シズオみたいになったらまずいなと、気を引き締めたり。でも、憎めないクズな主人公が堤真一。すきだな。一回見ればいい映画ではあるが、見てよかったー。橋本愛が、可愛い。

 

鍵⭐︎⭐︎

谷崎潤一郎の鍵。原作の内容を忘れていたので、ちょうど良いて思って見たが、自分の場合は、本で読んだ方が入り込めて良かったかも。映像は綺麗。仲代達矢、叶順子があまりに若くて驚いた。そして、仲代達矢がすごく気味が悪くって良かった。

 

西の魔女が死んだ⭐︎⭐︎⭐︎

思春期の子供が、祖母や周りの大人たちとの交流により成長していく物語。主人公の祖母役のサチ・パーカーが魅力的。子供向けだろうけど、大人が見てもいい映画。主人公が固くって、ぎこちない。対して祖母は柔らかい。母役、ご近所さん役、みんな演技が光ってた。

 

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋⭐︎⭐︎

ファンタジー。オープニングもエンディングもオシャレ。魔法のおもちゃ屋の世界観はすきだ。しかし、始終緩慢な感じを受けてしまい、残念。ストーリーも世界観も、登場人物がみなキュートなのも、すごくいいのだが。もう一度みたら、また感想は変わるかも。とにかく、ナタリーポートマンが可愛い。見る価値はある。

 

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア ⭐︎⭐︎

 ホラーコメディと言うのだろうか?

笑えるけど、目が離せないと言うことはなく、話に引き込まれて、次の展開にワクワクする、と言うこともない。全てにおいて間のび?している感じだろうか。 血がブシューッとなる場面があるので、星が二つ。ただ、自分が苦手と言うだけ。見なければよかったか、と言うと、そうでもない。ニックってダメなやつ!とか、ストゥーの赤いほっぺが可愛かったり。まぁまぁ楽しめる。

 

指輪をはめたい ⭐︎⭐︎⭐︎

  初めはダラダラと感じるが、途中からテンポよく進み面白くなる。山田孝之小西真奈美池脇千鶴真木よう子二階堂ふみ。一体、誰の指に指輪がはまるのか?!女優さんはみんなそれぞれ可愛いくてすきだ。面白くて、切ない。